院長紹介

院長よりご挨拶

院長写真

 


子供の頃から、人前に出ることより、サポートすることが好きでした。
 高校の頃は部活のマネージャーをし、その経験と柔道整復師だった兄の影響で、「痛みを抱えている人を元気にできる仕事がしたい」と専門学校に入学し、柔道整復師の免許を取得。
 また同級生で鍼灸師だった友人に鍼灸施術を受け、鍼で肩こりや足のむくみ、生理痛が改善した経験から、「同じようにつらい思いをしている女性を元気にしたい」と思うようになり、さらに進学しはり師・きゅう師の免許を取得しました。
 その後、兄が経営する接骨院で勤務を経て、茨城県つくば市の筑波技術大学東西医学統合医療センターにて4年間研修生・補助員として患者様の施術を学んでまいりました。
 また、形井秀一教授のもと、産婦人科領域をメインに多彩な疾患に対する施術を指導していただきました。逆子やムチウチに対する鍼灸の研究、学会発表に取り組んでまいりましたが、並行して4年半、地域の婦人科や産婦人科で、鍼灸外来を担当し、臨床の場で女性に対する西洋医学の知識も得ることが出来ました。
 この経験を活かして、すべての女性を元気にするお手伝いが出来たら、と思っております。


プロフィール

[名前]
山岸 純子(やまぎし じゅんこ)
[出身地・趣味]
福島県いわき市出身
ガーデニング、DIY、洋ドラマ鑑賞、シベリアンハスキー
[資格]
はり師 きゅう師 柔道整復師
[経歴]
2008年 福島医療専門学校柔道整復師科卒業 柔道整復師国家資格取得
2011年 福島医療専門学校鍼灸師科卒業 はり師・きゅう師国家資格取得
2012年〜2015年 筑波技術大学付属東西医学統合医療センター内鍼灸外来にて研修
2015年〜2016年 同医療センターにて形井秀一教授研究補助
[職歴]
2011年〜2012年 こころ接骨院勤務
2013年〜2018年 前島レディースクリニックの鍼灸外来担当
2014年〜2015年 土浦産婦人科の鍼灸外来を担当
[学会発表]
2014年 第63回全日本鍼灸学会学術大会
    「骨盤位の鍼灸治療による妊婦の不定愁訴について」
2014年 第42回伝統鍼灸学会学術大会
    「交通事故による頚椎椎体骨折後の頚部痛に対する遠隔治療の一症例」
2015年 第64回全日本鍼灸学会学術大会
    「当センターにおける骨盤位に対する鍼灸治療の21年間のまとめ」
[執筆活動]
形井秀一 編著 (2017年)
『イラストと写真で学ぶ 逆子の鍼灸治療』第2版 医歯薬出版
「骨盤位に対する鍼灸治療が不定愁訴に及ぼす影響について」P155-159.